読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Random Walker Log's Log

二度と見ない系ログファイル

どんどんダメになる

今日は大学に用事があったので電車ではるばる行った。
せっかく朝早くに起きたのに、朝食の用意などでゴタゴタしてしまって家を出るのが遅れてしまった。朝起きたばかりの半分ほどしか脳が動いていない時間帯に朝食を用意するなんていう技ができるわけがなかった。布団から出たらほぼノータイム、ほぼノー行動で朝食を摂れる仕組みを作らないとまずい。
用事はあっさり終わった。図書館に少し居座ってから大学を出て、作ってもらっていた印鑑を受け取ってから部屋のある街に戻った。電車に乗っている時間は、ずっと本を読んでいた。さいわい通勤時間帯でもほぼ確実に座れるので、移動中は読書に充てられる。

郵便局の転居届をようやく出せた。印鑑の変更手続きは、受付時間が終了していてかなわなかった。明日もう一度行く。あとは、役所の手続きがあと一つ。今度は前の住所の役所で書類を一つ取りに行かなければならなくなった。本当にだるいが、あさってまた大学に行く用事があるのでその時に取りに行く。
手続きがなかなか落ち着かない。今日も30分〜1時間くらいの徒歩移動を複数回強いられた。万歩計アプリのカウントは二万歩をゆうに超えている。

夜、またうどんを食べて(うどんは本当に便利、脳が止まっていても作れる)、"ゆゆ式"の一挙放送を見ながらインターネットをしていた。twitter早稲田大学の数学の問題が流れてきたので見てみた。
↓これ
http://mainichi.jp/graphs/20170217/hpj/00m/040/009000g/3
計算力のあまりの衰えに涙が出てきたがそれはともかくとして、(1)でα,g(α),g(g(α))が相異なることを示す際に、p,qが実数だと決まっていれば(αとして実数がとれるために)簡単になるが、複素数の範囲で解こうとすると小問4つあるうちの(1)としては重すぎる、ということで話題になっていたようだ。自分としては、たぶん複素数の範囲で解いてほしかったんだろうと思いつつも、高校数学では求めるべき数値が整数なのか実数なのか複素数なのかが曖昧にされがちなのは問題だと思う。こういう、解釈によって難度が大きく異るものはなおさらだ。
ところで、この関数gの出どころは一体何なんだろう? 背景が気になる。

ゆゆ式の一挙放送が修了して、ゆゆ式のない世界の虚無感に包まれながらこれを書いている。数学は本当に、ずっとやってないとどんどんダメになる。数学以外のものもそうなのだろう。ということは、インターネットをやっている間はインターネット以外全てがどんどんダメになっていっていることになる。恐ろしい恐ろしい。

寝る。明日また電車に乗る用事があるが、今度は夕方だから余白がある。何かをしよう。

やっぱりウロウロ

午前4時くらいまで起きてしまった。

9時半ごろ、インターホンの音に起こされた。本棚の配達が早く来たのかと出てみるとNHKの集金人だった。受信機が無いことを説明したらあっさり帰ってくれた。お疲れ様である。それからもう少し寝た。

昼、少し遠い中本に足を伸ばした。一時間以上並ぶはめになった。その後ブックオフで何冊か本を買って帰った。
家の周辺には特に何も無いが、3,40分くらい歩くとぽつぽつ大きい店がある。それくらいなら今まででも日常的に歩いてきた。
しかし最近は歩きすぎのような気がする。落ち着いて家で本読んで過ごす計画だったのに、やっぱり気がついたら外をウロウロしてしまう。

明日は大学で用事があるため、早めに寝たい。もう日付変わってるけど。

ガルパンはいいぞ

睡眠サイクルがまた後ろに下がってきている。今日は3時くらいまで起きてしまった。9時半ごろ目が覚める。

午前はダラダラ過ごした。

昼、courseraの動画を見てから、以前から見たかったガルパンの劇場版を見に幕張まで行った:


国道沿い文化名物、巨大なイオンモール。たぶん初めて入った。ありとあらゆる種類の店が揃っていて、歩いていて飽きない。生活に必要どころか、娯楽もここで完結してしまいそうである。実際、買い出しがてら親子連れでイオンを練り歩くのが日常の大きな楽しみになっている家族も多いんだろうと思う。

映画はとてもよかった。ウルティラとかいう特殊な音響を施していたらしい。確かにかなりの没入感だったし、戦車が発泡するたびに腹に直接音が響くようだった。こういう体験は映画館でしかできないし、来てよかった。
内容も、(事前にストーリーは知っていたが)素晴らしい。難しいことは抜きでひたすら戦車戦やっていた。
ただ、映画の悪いところというわけではないが、キャラの目の真ん中に描かれている白い点が気になって少し集中が散ってしまった。
f:id:nloglogn:20170219014501j:plain
あまりに画質が良いんで、顔が映るたびにハッキリ見えてしまう……


帰ってからcourseraの第2週を最後までやった。

今日も1時半まで起きてしまった。そろそろ会社指定の本を真面目に読まなければ。

確定の申告者

風邪の症状が続いていたので長めに寝た。久しぶりに午後に起きる。

一昨日頼んだ洗濯機が運ばれてきた。取り付けの時に蛇口の形が合わなかったため、部品を交換してもらった。部品代が余計にかかってしまったが、自分で取り付けようと思ったら詰んでいたので助かった。早速溜まっていた洗濯物を処理した。

その後、風邪がひいてきたので役所に行って確定申告の手続きをしようとした。役所に確定申告コーナーができていたので、税務署でやるんじゃなかったっけ? と思いながら行ってみたら給与所得以外の所得がある場合はここではできないと断られてしまった。一旦戻って税務署に行って済ませた。職員に質問しながら進められるので楽だった。いくらか還付金が戻ってくる*1らしいので気分良く帰った。



途中、道路に畑が隣接していたりコンビニに広い駐車場があったりして、ウオー離れだ郊外だと謎の感動を覚えた。

夜、指導教官から原稿にコメントが来ていたので連絡。
コメントを見て改めて考えてみると、自分の修論でおいていた仮定に(すぐに修正可能なものだが)矛盾するところがあった。全然気づかなかった。


もう修正はできないので、ウソが紛れ込んだままの修論が図書館に残ってしまう。つらい。

風邪はたぶん治った。明日はcourseraをやってからてきとうに出かけようと思う。

*1:重複表現っぽい

静かな時間

朝からずっと体調がすぐれなかった。
役所の転入手続きとガスの立会のみをやった。転入はすぐに終わると思って立会の少し前に役所に行ったら手続きが思ったよりまごついてしまい、手続きを中断して一度帰り、役所を2往復もすることになってしまった。

本棚やテーブルなどをamazonで注文した。フライパンなどの生活用品も改めた。ほとんどの生活用品を引越し前に捨ててしまっていたので引っ越しは楽だったが、代わりに引越し後に費用がかさんでしまった。

夜、courseraの動画を少し見た。スーパーでセルフレジを初めて体験した。てきとうにうどんを作って食べた。初めてこの部屋の風呂に入った。それぐらいだ。
今は生活を整えるのとゆっくり勉強したりのに集中したい。この街は(さすがに、東京のど真ん中と比べれば)ぜんぜん人がいなくて、人混みをかき分けたり、人にぶつからないか気にしたりせず落ち着いて歩ける。しばらくはここで静かな時間を過ごしていたい。

引っ越し。

今日は引っ越しがあった。
街の様子は悪くない。部屋は広い。ただし電車の往復が少し面倒になった。

引っ越しが済んだ後、ヨドバシに洗濯機を買いに行った。てきとうにやすいのを選んでもらった。てきとうに買ってしまったので、部屋の中に入るかどうか心配になったが、測ってみたらギリギリ足りていた。よかった。あとは本棚がほしい。

疲れのせいか特に言うことがない。寝る。

鍵入手

慌ただしい一日だった。

午前、新しい病院に行く。雰囲気のよいところだったので安心した。

昼、秋葉原に寄る。駅のガラス張りの壁一面に"ごちうさ"のキャラの画像が貼られていた。やっぱり、自分はこういう、二次元のキャラのイメージがディスプレイ内ではなく現実に存在する光景に慣れない。ごちうさの登場人物たちはあくまでラビットハウス近辺に済んでいるのであって、わけもなく秋葉原に出現されると脳が困るのである。ヨドバシで洗濯機を物色してから、昼食に蕎麦を食べる。

その後、新居の契約を済ませた。無事鍵を貰えた。一応鍵が入るか確認したかったので、そのまま新居まで行ってみた。無事中に入れた。値段相応の部屋だが、今の部屋よりずっと広いので満足している。家の近くを少し散策してから返った。

生協の組合員証の返還手続きもした。加入時に払っていたカネが戻ってきた。返却の手続きに印鑑が必要だったが、このとき印鑑が欠けてしまった。
戻ってきたお金で新しい印鑑を作ってもらうことにした。実印・銀行印・認印の違いもよく理解していなかったので一から説明を受けた。感じのよい店員だった。結局、欠けた印鑑を認印として使い続けて、将来実印として使うことも視野に入れつつ銀行印として丈夫なやつを作ることにした。あなたは男性だから相続などでいずれ必ず実印を使うことになるだろうと言われた。男性だから? まあそれはいいが、果たしてそんなタイミングまで自分は生きてるだろうか? 来週、受け取りに行く。

あとは閉館まで図書館にいた。閉館間際にかかるBGMが今日はいっそう物寂しかった。あそこにある本の0.00何パーセントくらいしか読めないままここを去ってしまう。
引っ越しは明日。この部屋で寝るのも今日が最後だ。