Random Walker Log's Log

二度と見ない系ログファイル

2017-06-12 ソワソワ

あまり寝ていない(死)。

かなり早く家を出た。早く会社に着いてもだれもいないのでゆっくり過ごせるし、どれだけ早い電車に乗れば満員電車を避けられるかを試したかったため。
結果、5時半の電車に乗ってもまだダメだった。もう4時台の始発に乗るしか無いのではないか。

会社では無なようで無でないちょっと無な無の仕事をした。早く来たのでさっさと早く帰った。

また病院に行った。薬が増えた。それを飲んだ少し後にこれを書いている。気分がソワソワする一方で眠気もあり、不思議な薬だ。

明日は出社をする。あとは知らん。

2017-06-11 米(2)

長めに寝た。

今日も特異生産的な行動はせず。秋葉原の路地をひたすら歩き回ったり、ハードディスクとGoogleDriveの整理整頓などをやった。
ファイルを右から左へ流すだけの仕事で一日5億円くらい欲しい。

夜、昨日買った炊飯器を始めて使った。炊き上がりが古いものとは全然違う。古い方はしゃもじが刺さると1/3くらい固まってくっついてきたが、新しい方は米の一粒一粒が独立している。
ハンバーグ(貰い物)と目玉焼き(自作(1個割るのに失敗した))と一緒に食べた。

明日からまた仕事が始まってしまう。きちんとした目標が欲しい、という気分になる時がある。今やっている無意味にしか思えない仕事の数々が、その目標に近づくための能力を養う練習問題に思えるくらいの、大きく、しっくりくる目標。

まだ無い。明日は早く会社に行き早く帰るリズムを試したいため、早めに寝る。

2017-06-10 米

二度寝によって長時間寝る。

薬の効果か体が重く、ただでさえキツい掃除が地獄のようだった。

昼ごろまで力尽きてぐったりしており、買い物をしに街へ出かけた時にはすでに夕方になっていた。
炊飯器を買った。ちょうど壊れて不便していたし、昨日会った人にも米を食えと念を押されたのでそうすることにしたかったため。
気力が限界に達したのでまだ開封していない。

明日これで、米に何らかの食料を添えたものを食べる。それ以外は何も決めていない。

2017-06-09 アーーーーーーーーーーーーー

睡眠時間、かなり足りず(6時間ちょっと)。
二度寝するのも面倒であり、家にいるのも面倒という気分になったのでそのまま会社に行ってしまった。かなり早い時間の電車のはずなのに既に混んでいた。満員電車から解放される日は果たして来るのだろうか。
会社に着いたところで何をするのも面倒という気分であり、無を過ごした。

昼ごろ、ツール属性の毒沼にはまり、瀕死。しかも結局導入を諦めることになり、進捗ゼロ。pythonのパッケージ管理は基本的人権をもつ人のすることではない。古代ギリシャなら絶対に奴隷にやらせていたような仕事だ。
業務はストレスを負うだけ負って終わった。増やした薬の影響か、口が乾き声がかすれた。

夜、人と会った。緊張感があった。そして自己嫌悪に陥った。自分が人に何ら価値を提供できない存在であることと、何気ない一言で人を不快にしてしまう困った性質が未だ改善されていないかもしれないことについて。
何も与えられない自分の築ける信頼関係は湖に張った氷のように薄く、ちょっと足をよろめかせただけでジャーンジャーンジャーーーーンとなってしまうのだ、しかも自分はそれに気付きさえしない。

自然とフレンドリーで居たらフレンドリーだと思ってもらえるような人間になりたかった。フレンドリーに全てを経過していたかった。帰りがけに明日会う約束をしているカップルとすれ違った。帰りに中本を食べた。ビールも頼んだ。ちょっぴり酔いながらこれを書いている。えへへ。そんな感じするでしょ?
関係ないけど、詩人になりたいよね。なりたくない? 今ぼくは曲がりなりにも会社に勤めてて、プログラミングや機械学習をやって飯を食ってて、職業は何だと聞かれたら会社員で、でもお前は何者なんだと聞かれたら詩人ですと答えてみたいよね。
ギリギリで生きてる奴らの、血で書いたような詩がいっぱい読みたいよ。

こんなになったらもう何もせず寝る以外のことをするべきではない。詩も断じて書かない。明日は掃除という重労働が有る。家事ができるかどうかの境目の状態にいる。

2017-06-08

8時間くらい寝た(朝の5時半くらいに一度目が覚めた)。

今日は、会社内での破滅は比較的穏やかであった。薬が増えただけではっきりと改善するものなのかは疑わしいが、そう思うことで薬の効果が上がるのならいくらでもそう思いたい気分だ。
少しばかり労働をした他に、ツールはつらい、一日八時間労働はあまりに長すぎる、などのよい対話をした。

ゆっくりとした時間がほしい。

2017-06-07 また破滅

8時間くらい寝る。

会社にて、2日続けて大きな破滅があった。ビルの階段で倒れ込みながら辛うじて病院に電話ができ、緊急の通院をした。
本当は休職なり退職なりをして休むべき局面のようだがそういうわけにもいかず、困りましたねえ、そうですねえといった話があった。自分の鬱は7億円貰えば治るタイプのはずだが、金を貰う以外の方法に限定するだけでこんなにも難しくなってしまう。2010年代がまるまる精神の暗黒期になってしまいそうだ。
電車に飛び込んでしまったりしないですよね? と聞かれたので、どうかな……とニヒルな笑みを浮かべていたら薬を増やされた。面倒だ。

病院と薬局で時間を食って帰りが遅くなった。
かなり遅め(22:06)の夕食を摂り、寝る。食後すぐ寝るのはあまり気が進まないが仕方ない。
明日も頑張らない(出社している時点で頑張りすぎと考えるべきだろう)。

2017-06-06 破滅

8時間半ほど寝た。

午前中、体全体に力が入らない感じがあった。昼食を摂ってもしばらく続いた。眠気由来なのか寝不足由来なのか心因性の何かなのかわからないが……
寝不足だとは思いたくない(8時間半寝ているんだぞ、いい加減にしろ)。

また、会社で深刻な精神崩壊を起こし、破滅し、明日から上司の監視下で仕事をすることになった。僕はもうダメみたいです。なぜ世の社会人たちは精神病にならないんだろう?

明日は……