Random Walker Log's Log

二度と見ない系ログファイル

2017-07-09

長めの就寝をした。
8時間ほど寝て、ダメ押しの二度寝を二時間ほどすると体調が一日を通してよいということがわかった。しかし一日十時間も寝てしまうと余暇の時間が消滅する。

今日は、寝すぎたお陰で精神上悪くなかった。怪文書も昼間にいくつか書いた。だんだんと、書くことに抵抗がなくなってきたし、書くことに楽しみをぼんやりと感じることが増えた。
一方で、こういうことをブログに書いたり、他者から指摘されるのが怖いと感じる。人達が心配したり助けたりする必要が無いと判断して自分のもとを去るかもしれないからだと思うからだろう。
相変わらず精神は孤独感に支配されている。

2017-07-08

長めの睡眠をとった。少し遅めの起床をした。

無のような朝食を摂って、無としか言いようのない掃除をやった。
その後秋葉原まで行った。電車の中で寝た。帰りの電車の中でも寝た。しかし秋葉原を歩いている途中は体調もよく眠気もなかった。これは非常に珍しいことだ。
どうすれば再現できるだろう。やはり11時間くらい寝るしかないだろうか?

今日は昼に怪文書を書いた。夜は眠気が強いのでやはり昼に書きたい。労働が憎い。寝る。

2017-07-07

普通の長さの睡眠をとった。
しかし、眠気は耐え難かった。行きの電車で眠り、朝会社の誰もいない時に寝落ちし、帰りの電車の中で爆睡した。今(20:42)も眠い。9時には眠るだろう。
一度眠るとしばらくは好調なので、つねに眠いわけではない。おそらく薬のせいだろう。

一日に一度は怪文書を書くと決めているので1つ書いて寝る。

2017-07-06

長めの睡眠をとった。
しかし、眠気に一日中襲われ続けた。薬が合っていないのではないかという気がする。

会社でもほぼ無の時間を過ごした。
変える直前に若干の本質があったのみで、あとはほぼ鬱病的思考に追いやられていた。

その後、就活で世話になった人に久しぶりにあった。本質的対話をした。
少しの希望があった。

帰る時間が遅くなったが後悔はない。怪文書を2つ書き、寝る。

2017-07-05

通常の睡眠をとった(はず)。

昨日洗濯槽クリーナーを洗濯機にぶち込んで家を出た。クリーナーはamazonのプライムから外れていたので、しょうがなく今まで使っていなかったヨドバシドットコムを見てみたら、翌日の時間指定までできていて優秀さに気付かされた。これから切り替えていくかもしれない。

会社では無だった。あまりにも眠い。

帰った後、無のアニメを見ながら夕食を食べた。薬を飲むと眠くなる。活動の時間と質が落ちる。薬を飲まなければやっていけない人生が憎い。

怪文書を書いたのち、寝る。

2017-07-04

結局機能は帰ってきてから直ぐに布団に倒れ込み、8時間ほどで目覚めた。
薬のせいも会って、8時間でも眠い。しかしなぜか朝の電車ではなかなか眠くならず、業務中や帰りの電車の中で眠くなってしまい不便きわまりない。

今日は、会社では久しぶりに本当に全くの無を過ごした。あとは上司とやや本質的な対話をした。

明日はどうだろう。寝る。

2017/07/03

今、帰りの電車の中でこれを書いている。
通院の時間を遅く設定しすぎたせいで、帰りがとても遅れてしまった。自由時間がほぼゼロだ。
これではいけない。次回はきちんと早めの時間帯に予約をした。

眠りは正常。しかし一日中眠い。これも今となっては正常。
会社では、自分のこさえた無があたかも無でないものであるかのように発表された。上司が、せっかく作ったのだし内輪に見せて終わりだと勿体無いから社外向けの資料なり論文なり書いてみたらと言われた。正直社外に出せるクオリティだとは思えないが果たして。

それはともかく、重要なのは帰りが遅すぎて怪文書を書く時間がとれないということだ。残念。寝る。