Random Walker Log's Log

二度と見ない系ログファイル

20150507 セミナーの発表前は死にたくなりやすい

セミナーの発表前は死にたくなりやすい。数学のセミナーは完璧主義を本質的に含んでいて適当にごまかせない。それでいて、新しいことを学ぶ以上完璧な状態はそうそう訪れない。数学書においては、ある1行を理解するのがある1ページを理解するより難しいことがよくある。そういう1行がある時、頭をひねった時間のほとんどは無意味になる。進捗と準備時間が全く比例せず、スケジュール管理はガタガタになり、無力感がつのる。準備不足が明らかな時の前日や当日は睡眠不足になりやすい。一般的な"ゼミ"のイメージとは異なり、数学のセミナーは学生1〜3人くらいの少人数なので孤独に陥りやすい。セミナーの発表前は人間が死にたいと感じる条件が揃っている。

今日のセミナー発表はぐだぐだになった。正直言って「補題2.1が成り立とうが成り立つまいが人生がつらいことに変わりはないし無意味なのでやめます」とか言って帰って寝たかったが、そういうことをすると後々困るのでFactを4つおいて小声で補題を3つ示して帰ってきた。終わった後少し寝ていたらしい。適当に餃子を食ってインターネットをしていた。気分は学期末だが現実は休み明けなので笑う。明日も午前に授業。