Random Walker Log's Log

二度と見ない系ログファイル

20150612 この一週間のこと

6日空いてしまった。22時に寝て6時くらいに起きて、軽く運動して一息ついてから前日のログを更新しようと計画していたが、22時に寝ることができずに一週間経ってしまった。

月曜にキャリアなんたらの面談がまたあって、学内でアルバイトの募集がいろいろあるからやってみたらという話になったが空き時間がセミナーと被っていて叶わなかった。その後に昔から世話になっている(元?)予備校の先生と久しぶりに会っていろいろご馳走になった。こないだの人とは別の人。前のログで自分には人と会う材料が無いとかなんとか言っていたが昔やっていたtwitterアカウントという遺産があった。インターネットを見ていると自分"のような人物像"への罵倒が山のように出てきて辟易する一方で、実際に会話している時にそういうことを言う人はほとんどいない。当たり前のようだが1人でインターネットを見ながら自問自答する時間が長過ぎるとそういうこともわからなくなる。自分とディスプレイの外にあることは一切わからなくなる――

f:id:nloglogn:20150612234726j:plain

とはいえ、具体的にどうしたものか。けっこう厳しい話もした。始発で帰って仮眠してから2限に出ようと思ったら遅刻した……はずが、教室に来てみたら人がおらず、黒板も一切使われた後がない。教室変更の知らせも休講の知らせもなかったんだけどなんだったんだろう。それからまた家に帰ってクーラーを効かせながら汗だくで倒れこんだら、起きた時には風邪をひいていた。
水曜のセミナーは欠席して休み、木曜4限の関数解析には出た。レポートは7題以上解いて提出ということだが、確認してみたら現時点で解き溜めたぶんが8題あった。念のため今回のぶんくらいまで解いてそれで終わりでいいだろう。学期終了が近いと思うとビビる。鬱になっただけで終わってしまったよ。

金曜はだいぶ調子が戻ったので2コマ出た。部屋に戻ってタルコフスキー『ストーカー』を観た。ああいう、考えながら観ることを余儀なくされるような映画は始めてだったのでつらかったし、結局よくわからなかったと思う(ああいうのを1回観ただけでわかったと思うほうがよくないのかもしれない)。戻ってきた3人の髪がフサフサになってたら面白かったのにとか思ってしまった。