Random Walker Log's Log

二度と見ない系ログファイル

20150614 時間が途切れないのはつらい

また生活リズムを整えられなかった。今日奇跡的に6時くらいに目が覚めたものの、9時くらいに抗いがたい眠気が訪れ、気がついたら布団の上で14時を迎えていた。眠れるほどではない鈍い眠気の中でこれを書いている。

数学的には、進捗は無かった。と思ったら無いわけではなかった。関数解析のレポートに少し加筆して完成版をプリントし終えたんだった。新しく知識が身についたわけではない。
気が変わって、院生室のパソコンのOSをArchにした。デュアルブートするわけでもないのでインストールはほぼ機械的に終わった(GPTだったと思ったらMBRだったので2回インストールさせられてしまった)。nloglogn.hatenablog.com
1月に書き残したインストール記録がちょっと役に立った。サーバーにしてみたいと思って無料でダウンロードできるlinux教科書を見ているがネットワークの話に全くついていけない。サーバーの練習するなら普通にCentOSとかにしとくべきだったかなあ。

これを投稿したら寝て起きて2限に出なければならない。もうずっと、ゆったりと寝ることで一日を終え、疲れの取れた状態で目覚めることで一日を始める手続きを踏めていない。早く寝なければ、でも寝られない、寝られなかった、今更ろくに寝られない、という焦りの中で横にだけはなり、体から煙のように力が抜けるのを感じながら(これは比喩ではなく、なんか本当に煙が出てる感覚がある)、大学に行くだけはする。こういうことが続いているせいか、一日というユニットが複数あるのではなくて長い長い一日がずっと続いている気分になってくる。眠気で授業に身が入らず、授業が終わっても眠気との戦いが続いている。悪い気分が一様に連なっていてメリハリがない、日増しにいろいろな時間の区切りがなくなっている。時間を区切れないのはつらい。