Random Walker Log's Log

二度と見ない系ログファイル

20151115 湿った燃料おじさん

やることはだいたい昨日と同じ。
結局、自分の存在に意味や価値があると思っているから、誰も自分を承認してくれないのがつらく感じるのだと思う。
自分は燃料のようなもので、それ自体はなんの意味もない単なる汚い肉の塊にすぎなくて、身が焼かれている時にその炎だけが意味をもつのだけど、それを心から納得できないでいる。
今日の俺は湿った燃料だった。今日俺には意味がなかった。