Random Walker Log's Log

二度と見ない系ログファイル

こんなはずでは

去年話した人格先生から、今度は

「君は一つの視点に囚われてるところがあるから、
自分が別の職業とか、別の動物とか木とか物とかだと仮定してみる訓練をしてみなさい」

と言われた。まあ確かにそういうところがないでもなかったので、試しに、ちょっと書かれただけでゴミ箱行きになった計算用紙や、途中までしかめくられないまま年を越したカレンダーや、棚の隙間に落ちてホコリまみれになった歯ブラシや、サンドバッグのように殴られているぬいぐるみや、床にぶちまけられたコーラや、文鎮と化したスマホなどになりきって過ごした。

こんなふうになるために生まれてきたんじゃないのに
こんなはずじゃなかったのに