Random Walker Log's Log

二度と見ない系ログファイル

息を止める癖

・起きたら窓がごうごう鳴っていた。雨かと思ってちょっと開けてみたら風が吹いているだけだった。
あとでニュースを見て、春一番だったと知った。こんなに早く吹くものだったっけか。

・行こう行こうと思いながらずっと行ってなかった千里眼にようやく行った。以前一度店の前まで行ったことはあったんだけど、異常に長い行列ができていたので諦めていた。今日は授業がない日だったからか行列はできていなかった。
ドアの建て付けが悪くて、正しい方向に力を込めないと開け閉めできない。密閉された店内はものすごい熱気で満たされていて、食べる前から汗が吹き出た。

f:id:nloglogn:20160214221535j:plain

ニンニクアブラ辛揚げをコールしたらこれが出てきた。赤いのが辛揚げで、揚げ玉に唐辛子が練りこまれている。時間が経つと辛揚げがスープが溶けてピリ辛になる。気に入った。行列さえなければ通うんだけどな。行くとしても大学のない祝日の昼とかだろう。

・現実逃避の復習が佳境を迎えつつある。線形微積位相複素から1冊ずつ選んで読んでいて、一番キツいであろう『線形代数の世界』が終わってしまったからだ(終わったと言っても、証明を追ってみただけであまり細かく詰めていないし問題も解いてない)。実はこの本を1ページずつ終わりまで読んだのは今日が初めてで、テンソル積のところとか開いてもいなかったのでそういう意味では復習ではなかった。

・「眠気の発作」は未だ起こらず。起こらなすぎて気持ち悪い。「頭に血が上ってボーっとする感じ」は強くある。
この感じと、昔からあった「息を止める癖」は関係があるんじゃないかと疑っている。勉強や作業をしている時や、ふと考えこんだ時なんかに、自分はよく息を止めて頭に力をこめている。ちょっと前にこの癖に気がついた。パソコンで作業をしている時は特に、目の疲れと相まって頭部にかなりのダメージが来ているのではないかと思う。

どれくらいの人に自分と同じ癖があるのかはわからないけど、パソコン使用中に息が止まる人はけっこういるようだ:
health-to-you.jp

ちょっと呼吸に意識を向けてみたい。意識と無意識をつなぐただ一つの架け橋のようなものなので、呼吸をコントロールできたら強い。心臓の鼓動はどうにもならないようだし。頭のボーっとする感じの他に、不安になると心臓がバクバクしたり、「腹の中に冷たい液が流れ込んでくる感じ」なんかもあってこれもつらいんだけど、こっちは諦めたほうがいいんだろうか。いつからこうなったのかは知らないが、この体は「困った感じ」が多すぎて困る。