Random Walker Log's Log

二度と見ない系ログファイル

メガネマイスター

落ち込むフェーズを通り越して、だんだん腹が立ってきた。自分は、試験でも面接でもなんでも、始まる前までは不安になりはしても、始まりさえすれば自然と肝が据わるのがふつうだったし、昨日もそうなってなきゃいけなかった。今思い返せば昨日はずーっとフワっとしていた。心の底ではずーっとどうでもいいと思っていた。それが悔しいし腹立たしい、ほんとに。

アアアアアアアア!!!


疲れた

人生にも疲れたし、目がすごく疲れている。つねに目に力が入っているような気がするし、すぐ乾くし、メガネをかけると頭痛がしたり、首や肩がこったり、動悸が激しくなったりする。実は結構前からこの症状はあったんだけど、なぜか病院には行かずに市販の目薬をいくつも買って耐えようとしていた。
今朝他人から眼科行けば? って言われて、ようやく病院の存在に思い至り、早速近くの眼科に行くことにした。ふつうのことが思いつかずに詰むパターンが本当に多くて困る。

その病院には、予約なしでもすぐに入れた。問診票に「原因として思い当たるところ」を書く欄があって、最初は「PCの画面の見過ぎ」と書いていたが、メガネをかけた時に体調が崩れることを思い出して「メガネが合っていないかもしれない」と書き加えてみた。
名前を呼ばれると、看護師さんが

じゃあアゴのせて

って視力測定器の前で待ち構えていた。言われるがままに、メガネかけてる人なら一度は見ているであろう例の気球の絵を眺めたり、目にプシ!! って風を当てられたりした。なんの説明もされていないけど、どうやらメガネが本当に合ってないかどうかチェックしてくれているらしかった。
手際の良さが尋常でない。後で医師と話したところによると、その看護師はメガネに詳しい人で、今日がたまたま出勤している曜日だったらしい。

奇跡だ

マイスターだったのか

まさかマイスターに直接診てもらえるなんて思わなかった。

ちょうどいい度数はすぐに分かった(今までで一番スムーズだった)。今かけているメガネの度数は強すぎで、かけているだけで眼の筋肉が緊張していた。症状を考えたら予想通りではあるんだけど、昔眼科で調べてもらったうえで作ったレンズの度数を使いまわしてるので、どのタイミングで強すぎになったのかが気になる。とにかく、ちょうどいい度数の処方箋を作ってもらえた。さいわい、今かけているメガネの保証期間中だったので、レンズだけ無料で交換してもらえることになった。将来視力が落ちた時用にキープしてもいいかと思ったけど、無料交換できると言われたら逆らえなかった。目薬ももらった。

来週にはちょうどいいレンズが届き、目がそんなに疲れないのに視界がはっきりしている世界が手に入る。

マイスター、ありがとう

マイスターのおかげだ

マイスター、そういえばメガネかけてなかったな