読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Random Walker Log's Log

二度と見ない系ログファイル

インターネット依存の現状、険しい

家にPCを持ち込むとそのまま深夜まで離れられない。
今のところ、スマホやPCを「手放してさえいれば」何の問題もなく生活でき、生産的な活動も自然にできる。そういう意味で、依存症というわけではない。
しかし「持っているにもかかわらず、あえて使わない」ということが本当に出来ない。持っていれば「なぜか、いつの間にか手を伸ばしてしまっており」、「なぜか、いつの間にか何時間も使っている」。我慢するしないというレベルでない。時間が飛んでいる。手放すことはできる。コントロールができない。
使いすぎでエネルギーが切れたタイミングでようやくPCのスイッチをオフにできる。その隙に大学まで運んでいく。
今プログラミングをちょっと勉強する必要が出てきている。調べるためにブラウザを開くと時間が飛ぶ。
対処法がわからない。
最初は、「まずインターネットから徹底的に距離をとり、インターネットなしでも問題なく生きられるくらいに脳を慣らし、そこから徐々に適切な距離まで詰めていく」という戦略をとるつもりでいた。実際は、距離を∞にはできても、∞じゃなくすると一気に0に行くという感じで、険しい。バランスが取れない。
バランスを取れない! まさにこれだ。俺はこの特性のせいでいつもダメになってきた。どうしよう?