Random Walker Log's Log

二度と見ない系ログファイル

こないだ、睡眠外来の診察があった。睡眠の話はブログに書かないと以前言ったような気がするが、とりあえず経過だけ記録しておくことにする。
"眠気の発作"は前回の診察の後に2日続けて起こってから急に止み、それ以来一度も来ていない。睡眠時間をあまり確保できなかった時に昼間寝てしまう、くらいの普通の眠気で収まっている。
反復性過眠症(あるいはクライン・レビン症候群)の間欠期が伸びていると考えれば説明がつくらしい。ネットで見た当事者の病状と自分の眠気はだいぶ違いっていることを一応伝えてみたが、症状がまだ軽い方だというだけかもしれず、それだけで否定はできないんだそう。
自然治癒する病気のようなので、発作がなかなか現れないのは治りかかっている証拠だと期待しつつ、一番症状の重かった秋冬を持ちこたえられるか様子を見るつもりでいる。
反復性過眠症の診断はまだついていない(3万円くらい払って検査しないといけない。だるい)。もしこのまま発作が起きなければ、「昔、あり得ないくらい眠くて一日中意識が途切れ途切れ、という時期があった」だけで終わる。それがベストだ。
一日の時間を自由に組み立てやすい大学院時代に発症したのは、本当に不幸中の幸いとしか言いようが無い。その前でも後でもまずかったと思う。

で、肝心の大学院の研究なんだけど、こっちはこっちでまずい。過去の修論とかで必ず使うような常套手段が初っ端から通用しない……俺はもしかしてとんでもない問題を解こうとしちゃってるんじゃないか? それとも俺が馬鹿なだけか? わからない……
不安ばかりが募る。不安を増やすような行動ばかりしている気がする。安心して横になって、すっきりと目が覚めてみたい。