Random Walker Log's Log

二度と見ない系ログファイル

自分の心が憎い

iphoneから書いている。閉店間際の本屋に向かいながら。

気になる(非数学)本があるため。まだ大学で何かやる予定だったが、もう切り上げて家でそれを読む。

 

今日も一日中だるかった。辛うじて時間通りに診察へ行けた。

主治医の先生からは相当に心配されていて、いろいろな手立てを講じてくれる。だけど、一人で歩いているとき、永遠に自分には誰一人味方なんていないという気持ちに圧倒される。そんなことはないのに。自分の心が憎い、憎い。

 

修論、簡単だと思われていた部分がやはりそれほど単純でない。ある論文の議論をそのまま使えばいいと書かれている部分が実は嘘で、きちんと読んでみるとその論文ではかなり限定的な状況でしか示せておらず、かなりアレンジを加えないと自分の状況には使えない。

 

エナドリとコーヒーへの依存、まだやめられず。

カフェインを取りたいというよりは、なんとなく口寂しいのだと思う。ガムでも噛んでみよう。

 

明日また件の論文を精査する。自分が使いたいパターン自体はそれほど難しくない(はず)で、ちょっとアレンジを加えるだけでいい。そうであってくれ。