読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Random Walker Log's Log

二度と見ない系ログファイル

乱高下

朝9時ごろ起床。寝るのが遅かった(午前1時ごろ)ため。頭痛あり。

昨日解決したと思っていた部分を書いていたら、その点に関しては解決していたが、別のところで詰まってしまい、結局よくわからなくなったので指導教官のところに持っていったら、指導教官のテキストの誤りを発見する形で決着がつき、もうダメだと思ったら、今考えている場合に限ればうまくいくことがわかり、生き返ったと思いながら歩いていたらやっぱりうまくいかないことに気付き、もうダメなのではと思いながら中本をやけ食いして図書館に寄ってノートを広げて書いてみたらうまくいった。これが勘違いでないことを祈りつつ今日はこれで終了とする。
一歩進むごとに詰まって狂いそうになるデリケートな証明が終わりそうで終わらない。できたと思ったりできないと思ったり気分が乱高下して消耗が激しい。(どうでもいいけど、乱高下(らんこうげ)をついさっきまで「らんこうか」だと思っていた)

もう疲れた。正確に言うと、疲れるフェーズは既に終わっていて、疲れながら無理してやっていくために心を破壊するフェーズに入っている。
脳が破壊されていくのを感じる。もう何も考えられない。

修論提出が終わったら、思いっ切り寝て、ガルパンを最初から最後まで一気に見て、代数とか全然関係ない勉強がしたい。
何者にも急かされずに、脳を破壊されずにすむことをしたい。心が休みたいとしか言ってない。一応数学を考えているらしいけど、考えている内容が正しいのか自分でも確信がもてない。こんな状態で、たとえ修論を提出できたとしても、その後の審査会での発表と質疑応答を乗り切れるのか、不明。
とりあえず帰って寝る。(22:15)