Random Walker Log's Log

二度と見ない系ログファイル

偉い人の論文

朝、よくわからない部分と格闘していたが、結局分からず。
昼、中本に行く。一応年末なので、食べ納めと称してよく行く店に連続で行っている。その後、指導教官と話し合う機会を得て、とりあえず詰まっていた部分は解決した。そのパターンばかりで、独力で示した結果が殆どないがそれでいいのか……。指導教官は修士はこれぐらいが普通と言っていたので、修士を出るだけならいいんだろうか*1
夕方頃、将来にひどく悲観的になる。この気分の突然の沈みだけは、どうにもならない。夕食と風呂をてきとうに済ませてから、自分の分野の偉い人の論文を片っ端からダウンロードした。まだこの分野を追い続ける気があるならこれで勉強しようという意図と、現実逃避の意図がある。
修論は手付かず。明日やる。提出期限まで一ヶ月を切って、そろそろ"区切り"を決めて置かなければいけない。うまく行かない思い出ばかりの2年間を象徴するような修論が徐々に固まりつつある。

*1:普通レベルに留まっているということは、博士にまで行かないのは正解だったか