読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Random Walker Log's Log

二度と見ない系ログファイル

言葉の使い方がわからない問題

今朝の寒さは異常だった。外へ出る支度をするまでの時間、寒さで筋肉全体が縮こまって体が凍ってしまうように思えた。
どうかしてる。下手したら外よりも寒いのではないか。

少し眠気あり。頭があまり働かず、スライドを少し作って引っ越しの連絡をするだけで終わった。
結局あの部屋でよかったのかと今頃になって思う。会社まで乗り換えせずに通える範囲で家賃の安いところを探すと2件しか残らず、どちらとも決め難いので迷いながら2つの物件を往復していたら、突然目の前に鳥が降りてきて*1、その姿が愛くるしかったのでそこから近い物件に決めてしまったのだった。人生がどうでもいいので、選択の理由がますますどうでもよくなる。

言葉をうまく使えなくなっているのを感じる。ブログを一日に数行書くだけならまだできる。複雑な論理構成の文章を書こうと思うと厳しい。
人と会話するときにも、言葉が全く出てこなかったり、舌がうまく動かなくて言葉にならなくなったりする。ずっと誰もいない場所にこもって修論のことを考えてばかりだったので、言葉の使い方を忘れてしまっている。これは、言葉の問題だけでなく、思考力や記憶力も低下してしまっているかもしれない。まずいと思った。
引きこもって修論だけに集中しようとするのはいいやり方ではなかった。それ以外のやり方ができたかどうかというと怪しいが……。
肝心の数学も、心配事や少し議論すれば見つかるような誤りで頭がいっぱいになっていてうまく進まなかったように思う。人に向けて喋ったり対話しないと伸びが悪くなる、というのを今実感している。
実際、これ、どうやったら治る? 音読とか写経とかすればいいのか?

*1:たぶんセグロセキレイハクセキレイのどっちか