Random Walker Log's Log

二度と見ない系ログファイル

修論直す

朝の10時くらいに起きる。これくらいの時間だと、比較的部屋も暖まっている。

昼、緊張状態に陥る。誰かが鼻をすするたびに脳を殴られる感じがした。喋り続ける人たちの声が脳をえぐった。

指導教官と話をした。
集中して細かいことにもしつこく追究できるのは君のよさだが、日常全てでそれをやると疲れるから息抜きや手抜きを覚えなさいというようなことを言われた。細かいことを気にするのは頭が悪いのでみんながすぐわかることがわからないからですと言ったら、みんなはスルーしてしまうんだと笑っていた。
おかげで新しいことにいくつか気付かされたと言っていたし、よい影響が残せたならそれでいいかと思った。
研究の後半では、数学の話よりも生き方の話を多くした。本当は、子どもの頃にこんな話をお父さんとするものなのかな、と思うような話もした。心が子どもなのかも知れんなと笑われた。そうかもしれない。

修論の最終確認に一日費やした。もう一度見返してみると、勘違いだった部分が少し出てきた。深刻なギャップも1つあった。さいわい全て直せた。明日の朝修正する。