Random Walker Log's Log

二度と見ない系ログファイル

人は音を出す

10時半ごろに起きる。軽い風邪を引いていた。軽く風邪をひいていたので、なにかビタミンが摂れそうなものと大量の水を腹に流し込んでおいた。
いつも通り、修論を直したり本屋を歩き回ったりしていた。修論は、あちこちで不備が見つかってどうしようと思ったが、なんとか一日で直った。
ただし、一部根本的に考察の足りない点が見つかった。期限内に解決するのは無理そう。明日指導教官と相談する。

なぜ本屋に行くのか少し考えていた。本を見たり立ち読みするのが好きというのもあるかもしれないが、人があまり音を立てないというのが大きいのかもしれない。院生室だと、同じく提出期限を控えたM2などだいたい人がいて話し声を上げているので、神経によくない。図書館は話し声こそないが、鼻をすする音や咳払いがよく響くのでやっぱりよくない。本屋はちょうどいい静かさだから落ち着くのかもしれない。一時的な状態であることを祈るが、とにかく人の出す音が耐え難く苦痛に感じてしまう。これが収まらない限り大学内に居場所がない。居場所がないまま、ひっそりと大学を出て行くことになりそうだ。