Random Walker Log's Log

二度と見ない系ログファイル

発表会をサボりたい

今日はスマホアプリ📱から更新している。

 

3時間くらい二度寝して10時起き。大学近くのラーメン屋で腹を満たしてから、いつもは通らない道を歩いてみたら、いつも大学と本屋を往復している道のすぐ近くに公園があるのに気づいた。なぜかあの地域には家しかないと思い込んでいた。

 

みどりぼんを7章まで読んだ。この本は、モデリングの心構えやRでの解析例はきちんと書いてくれているが、数学に関しては完全にブラックボックスなので不安は残る。数理統計の難しい本読むしかないのか。 

それと、今統計で一番気になる(かつたくさん使いそう)なのが時系列解析なんたけど、みどりぼんには時系列の話は一切ない(はずだ)から何か別の本が要る。理論はHamiltonとか有名な本がある。活用法に詳しい本は何があるだろう。

 

本屋に行った(毎日行ってるけど。今日は2回行った)。気になる本はいくつかある。統計だと、ベイズ理論の本がいろいろ。自分は、ベイズというと初等的なベイズの定理しか知らない。データ解析や機械学習ではしょっちゅうベイズの名が出てくる。PRMLなんかもベイズ理論が基礎になっているらしい。どこかでキチっと学ばないといけない。

自己啓発のコーナーで、グリット(やり抜く力)とかいう本を見た。立ち読みした印象だと才能の言い換えのようにしか感じられなかった。残念。グリットは後天的に鍛えられると言いながらも、別の箇所では幼児期の教育環境が一生を左右するとも書いていて、整合性がないのもマイナス。ポジティブなこと言うならせめてポジティブで一貫してくれ。

 

もうすぐ、修論の発表会がある。参加は推奨ではあるが任意であって、正直言ってサボりたい。サボろうかな……と思ってる。参加必須の審査会には必ず出るから、"グリット不足"には抵触しないはずである。

去年見に行った時は、黒板に数式を手書きして発表していたが、本番の審査会ではスライドを使う予定なのであれでは練習にならないし、手書きだと時間配分を考え直してそれ用の準備をする必要がある。だるい。そんな余裕はない。ぶっつけ本番でやれば間違いなくグダグダになるが、それでは話す方にとっても聴く方にとっても無駄な時間だろう。

もし行かないなら、何か進捗を上げて埋め合わせ(何の?)をしなければという謎の責任感がある。どっか公園の芝生にでも寝っ転がって、こないだ印刷した課題図書の関連論文でも読むかな。今の俺に必要なのは、そういう静かでゆったりした時間のはずだ。