Random Walker Log's Log

二度と見ない系ログファイル

何をしていたかわからない

二度寝して10時くらいに起きる。

今日は(今日も)、一日何をやっていたかがよくわからない。やったことのいくつかを思い出すことはできる。隣の駅まで歩いて行ったり、部屋の掃除をしたり、内定先の人とメールで少しやり取りしたりした。明日の食事をスーパーに買いに行ったりもした。風呂に入るなど毎日の決まり事もいつも通りにやった。明確にこういう行動をとったと書けるのはほぼそれくらいだが、それだけで起きてから今までの十数時間を説明できるわけがなく、空白の時間に自分がどうなっていたのか想像もつかず、少し恐ろしい。

例の本に関して。あまり深入りしなくてもよさそうだ。その代わり、考えなければいけないことが増えた。
このブログや、それに紐付けされているアカウントに、どれだけ業務と関係のあることを書いて良いものか迷う。
今できているかどうかは別として、自分が得た知見や勉強たり作ったりした事物をなるべく多くの人にアクセスできる場に置きたいという欲求がある。たとえ会社の利益のために何かをやるにしても、その成果を会社の人だけに独占させることにどうしても抵抗がある。OSSをやりたがるエンジニアと多分同じ気持ちだろうと思う。会社のデータを使った結果などはここに書くわけにはいかないが、ある程度普遍性のあることなら書いてもよさそうな気がするし、だから普遍性のあることがしたい。

また風邪っぽい症状が現れてしまった。最近本当におかしい。これを書いたらすぐ寝る。